>レポート>活き活きと働きたいなら貿易事務が断然お勧め

活き活きと働きたいなら貿易事務が断然お勧め

PC操作

汎用性の高い事務

貿易事務という仕事があります。これは、国外の企業から商品を輸入したり、国内の自社製品を国外の顧客に対して販売したりする際に必要になる仕事で、多くの企業で発生する事務作業といえます。そのため、この資格を有している方は就職に有利になるといわれています。貿易事務の具体的な仕事内容としては、輸出入に係る事務手続きの全般的な対応になります。通関作業の書類とりまとめであるとか、船積み関連書類の取りまとめ、輸入貨物に係る関連書類の取り扱いなどがあげられます。どれもルーティーンの業務となりますが、いずれも重要な書類となり、不備があったら輸出入がストップしてしまう危険性もあるため、慎重にかつ確実に事務を行なえる人材が求められます。

物流

職場の選定

貿易事務の資格を持っている方で、これを活かして就職をしたいと考える方には、職場の選定をする際にはとても幅が広いということを理解しておくべきです。商社やメーカーに関わらず、多くの企業で必要となる事務手続きですし、かつ運送業者においては日常的にすべての社員が実施することになる業務といえます。それだけ汎用性が高く、就職先もたくさん用意されているということがいえます。就職先を選定する際には、運送業者に就職する際にはあまり考える必要はありませんが、メーカーや商社の場合は、海外案件が多いかどうかをチェックしておくことをお勧めします。せっかくの貿易事務の資格を活かすためには、やはり輸出入を多く扱っている企業の方がお勧めです。

広告募集中