>レポート>二頭を追うなら住み込みという選択肢がある

二頭を追うなら住み込みという選択肢がある

空き部屋

働いている人たち

東京に住み込みで働いている人は、たいていが地方からの上京している人が多いです。利用している人の多くの目的が、仕事する場所と住むところを一回で得られて一石二鳥だからという理由の為です。自力で東京での仕事場を見つけるのは大変ですし、住むところも地方からでは見つけにくいです。しかし、住み込みの場合は、仕事場予定の会社の面接一回だけで仕事場と住むところを一回で得られる事が出来ますので、自力で仕事場と住むところを別々に見つけるよりかは効率が良いです。つまり、東京に来て直ぐに働きたいと考えている人にとりましては、この住み込みの仕事というのが実は大変効率よい働き方といえます。特に若者が多く有効活用しています。

空室

なぜ若者が集まるのか

東京の住み込みの仕事が地方の若者に人気があるのは、やはり一回の面接で仕事場と住むところを得られることです。この住むところも、寮費として給料から引かれるところもあれば、引かれないところもあります。この為、貯金がしやすくなりますので、手っ取り早くお金を貯めたいと考えている若者にとりましては、働き甲斐のある職場といえます。特に東京の場合は、住み込みの仕事は新聞配達に多く、この場合の住み込み先は新聞配達作業所の上の階に造られた居住スペースに住むことが多く、下の階に下りれば職場ですので、通勤が非常に楽です。実際に、この利点をアピールして求人広告を掲載している新聞販売店も存在しています。東京の住み込みの仕事があるのは、この為です。

広告募集中