>ホットトピックス>【建築業界の重要な役割をもつ】施工管理の求人を見てみよう

施工管理士は建築現場において重要なポジション

建築業界はいろいろな技術を持っている技術者の人達が力を合わせて1つの建物を作ります。そこで重要になる施工管理士が優秀でないと建設の時期が延びたり、予算が合わなくなるといったトラブルを起こしてしまいます。なので、まずは自分が施工管理士に向いているかチェックをしてみましょう。

施工管理士に向いている人

  • 先頭にたって指示ができる人
  • コミュニケーション力がある人
  • 何事においても計画をしてから物事を進める事が好きな人
  • 小さいことでも気がつく事が出来る危機管理能力がある人

リーダーシップがある人はぴったり!

建築現場には設計担当、左官職人、大工などたくさんの人が携わっています。たくさんの人を監督をして指示をしていくにはやはり、リーダーシップがある人が向いていますね。

建築・土木業界を知ってみよう

作業員

施工管理士として働くためにはどんな資格が必要ですか?

建築現場は小さい規模の工事や大きい規模の工事に限らず、たくさんの技術者の人が力を合わせて工事を進めていきます。そういったたくさんの技術者の人達の指導や監督をする仕事が施工管理士です。施工管理士は、国家資格である施工管理技師という資格が必要になります。

建築業界は未経験からでも働けるんですか?

国家資格が必要な職種以外は未経験からでも働くことが出来ます。建築業界は研修に力を入れている会社が多くあります。また、資格取得の支援がされていることもあり、働きながら資格を習得していくことが出来ます。建築業界の求人は男性しかいないと思いがちですが、最近では女性も多く採用されています。

建築業界で派遣社員として働くにはどうしたらよいですか?

まず、派遣スタッフとして仮登録をしていただきます。本登録をするために登録会社で面談をしていただきます。面談終了後、本登録となります。本登録が終わり次第、希望の仕事内容や就労条件などにあわせた求人情報が登録会社から紹介されます。その後は紹介された企業と派遣契約を結んで派遣社員として勤務を始める事が出来ます。

【建築業界の重要な役割をもつ】施工管理の求人を見てみよう

工事現場

たくさんある大工の種類

大工と一言で言っても、請け負う仕事にはたくさんの種類があります。まず、工事現場の基礎を作る建方大工や、工事している建物の中の大工工事を行う造作大工などあります。他にも、寺や神社を作る宮大工、木造船を作る船大工など専門的な技術が必要な大工があります。

広告募集中